JP

R&Dセンター

R&Dセンター

インターネットなどの情報技術の急速な普及と向上に伴い、電子製品の市場が盛んに発展し、またMIMの製造技術が次第に成熟してきたので、MIM製品は電子製品の分野で急速に普及し、広く応用されるようになりました。醫療機器の発展はMIM技術の普及を促しました。また、自動車、機械、金屬などの伝統的な工業分野の部品の革新開発も効果的にMIM市場の急速な成長を促しました。より良く企業模範率先作用とMIM業界におけるリード姿勢を発揮するために、わが國MIM製品の國際市場における核心競爭力を強化し、國外技術障壁を打ち破り、わが省MIM産業の資源優位を強化し、國內外市場の発展需要に応じて、科學研究、生産、検査、マーケティング、管理一體を確立する。當社は2015年に「杭州銘赫高新技術研究開発センター」を設立しました。

研究開発センターの発展戦略

  • 中銘科技集団を実施する五年間の発展戦略計畫を制定する;MIMプロセスを基礎として、精鋭MIM産業を作り、輸出貿易規模を拡大し、新応用分野のシリーズ製品を開発し、グループのわが國MIM業界におけるブランドイメージを確立する。

  • 科學的発展観を貫き、自主的創造革新発展能力を堅持する。中心は常にMIMプロセスが複雑で精密な金屬構造部品の分野で機械加工、精密鋳造などの技術に対する代替効果に注目しており、絶えず自身が餌を與える開発、金型の設計、自動化生産などの面での技術能力を向上させ、消費電子、自動車製造やスマートウェアなどの分野で定化したMIM部品を提供しています。

  • 人材競爭戦略を確立し、成果の転化を促進する。多數の高級技術人材を導入し、センターの後続発展人材備蓄を打ち立て、センターの成果転化力を加速し、新製品の産業化の運用と普及を促進する。

グループ研究開発センターの運営メカニズム

  • 研究開発センターは総監督責任制を実行します。

  • 完全な人材競爭メカニズムと激勵メカニズム。すべては成果、効果を研究開発センターとする。重賞、昇給、教育継続、海外研修、集団株式奨勵など様々な方式を採用し、従業員の仕事意欲を奮い立たせ、研究技術人材の生存空間を開拓する。

  • 規範化科學研究管理制度を確立する。

    3.1合理的な科學研究プロジェクトのテーマと審査時のプロセスを構築する。
    3.2プロジェクトのプロセス管理を強化する。
    3.3プロジェクトは入札制を実施し、または指定された方式でプロジェクトマネージャーと責任者を確定する。


技術センターの成果-特許取得済み

研究開発センターが2014年に設立されて以來、特許40項目余りを獲得しました。




栄譽証書と特許証書

杭州中銘科技集団有限公司. All Rights Reserved. 杭ICP備09116115 -7 By Wanhu
伊人青青青综合97超_青青青在线视频依人在线综合_2021青青青国产依人在线视频_青青青国产免费手机频在线观看